パワプロ村

全てはAHRAの仰せのままに

梶本隆夫(阪急)【パワナンバー・パワプロ2018】

阪急冬の時代を米田哲也と共に支えた
通算254勝255敗の大投手

1954年にデビューし20勝以上を4回を記録
先発が主だったが、中継ぎにまわることも少なくなかった
防御率は安定していたが勝ち星を伸ばせなかったのはチームの貧打が一番の要因なのは明らかだが
四球が多く攻撃のリズムをくずす
投手として性格が優しすぎた

など色々な要因が考えられる

60年代半ばにさしかかり低迷するもパームとナックルを覚え復活

だが、結局阪急黄金期の頃には衰えが顕著になり1973年に引退
一度も日本一を経験することなくユニフォームを脱いだ
f:id:Gfan:20181015005410j:plain
その後は解説者や指導者を務める
コーチとして評判は良く、慕う選手は多かった

2006年死去 享年71

2007年野球殿堂入り

f:id:Gfan:20181014130432j:plain
f:id:Gfan:20181014130444j:plain
1957年 24勝16敗防御率1.92
[査定について]
1 コントロールと四球

若い頃はとにかくノーコン
最多与四球3回 晩年には改善された

2 一発

球場の狭さとあいまって最多被本塁打2回

3 負け運

254勝255敗 名球会入りの選手で唯一の負け越し

4リリース

梶本の代名詞 ゆったりしたフォームから快速球を投げ込んだり変化球を投げ込んだ
そのフォームはどれも同じように見えたとのこと

5ケガしにくさA

大きな怪我をしたことがないまま20年投げ続けた

6 奪三振  

最多奪三振2回