パワプロ村

大城とコパンドンの所有権が欲しいです

2020年セ・リーグ順位予想

はいこんにちは。

今日は2020年のセ・リーグ順位予想やります。

 

特に前置きもないので早速やっていきます

※完全な主観です。好みが存分に出ています。

 

1位 読売ジャイアンツ

f:id:Gfan:20200119002607j:plain

昨年、名将AHRAが復帰し5年振りの優勝を果たしたかつての常勝軍団。

開幕前は中継ぎ放置だの非情だの色々言われましたが、マシンガン継投ならぬマシンガン起用でたった数か月で盤石さはまだ足りないがしっかり勝ちパターンを確立したのは見事としか言いようがない。これでもAHRA曰く動ぐのを極力我慢していたらしいので恐ろしい限りだ。

戦力面を見るとやはり山口の穴は大きい。菅野が今年復活するという保証はどこにもなく、これは間違いなく来年活躍するな!となった投手も特にいない。現時点では大丈夫かこれ・・・というイメージの方が強い。

野手は吉川が去年開幕直後で離脱し、他にも特別新しい存在が出て来た訳でもない。実質去年1年間で野手の収穫はほぼなかったと言っていいだろう。

一方で補強面は巨人らしくきっちり行ったのは好印象。FAこそまさかの連敗となったが巧打のパーラにロマンのビエイラ、更にポテンシャルの高いサンチェスを獲得ときっちりやる事をやっている。これで駄目なら仕方がない。巨人の助っ人獲得能力は確かに良くないがミセリミアディッチを獲得してたあの頃とは流石に違う。それになんといってもAHRAがいる。政治力影響力が他球団の監督と雲泥の差だ。

個人的に投手では鍬原に期待。元々リリースがとても不安定な投手でそこさえ矯正出来れば活躍間違いない素質の持ち主。なので賛否あるだろうが個人的にサイド転向は大賛成。

野手は吉川尚は勿論、重信と俊太に期待したい。重信は言わずもがなあの俊足が魅力で打撃も年々成長中。俊太は打率こそ落ちたが野手の正面に飛んだりとややアンラッキーだった。打球の強さは確実に増していたので今年はやってくれると期待。 

 

昨年は日シリ4連敗と最後の最後に苦い経験が待っていたが、今年はその経験を上手く活かして戦っていけるか。巨人が再び球界の盟主に返り咲けるのかどうか重要なシーズンになりそうだ。

 

2位 阪神タイガース

f:id:Gfan:20200119002614j:plain

昨年は奇跡のCS進出で沸いた西の伝統球団。

矢野監督の采配内容はともかくあの明るい振る舞いはスパイチュ、ヤネキとは違って見ていて楽しいものがある。

この球団の伝統としてちぐはぐ補強がよく挙げられるが、珍しく今年は正しい補強を行ったなという印象。助っ人8人体制は成否はともかく好印象である。

スアレス・ガンケル・エドワーズがとてもジョンソン・ドリスの穴を埋めれるとは思わないがそこは阪神ご自慢の日本人投手陣でカバー可能の範囲。ラッキーゾーン撤去後、甲子園のPFを活かした投手陣が機能しなかった年はほとんどなく、多分大丈夫でしょう、多分・・・

野手陣もボーアとサンズは個人的に面白い。ボーアは対左に弱く三振も多い、サンズはパワーにやや欠ける点は気にならなくもないが、近年の阪神の助っ人としては二人共かなり活躍が期待できるので上手く分けて起用していきたいところ。いずれにせよ矢野監督の采配に注目だ。

え?日本人?藤浪と大山に期待しましょう(適当)。野手のレベルは確かに突出してはいないものの、裏を返せば結構バランス良くまとまっているという事。これを強みに活かせれば優勝も見えてくるのではないだろうか。

 

3位 東京ヤクルトスワローズ

f:id:Gfan:20200119002618j:plain

順位予想が12球団で1番難しい球団。それが伝統になりつつある。

よって今年もあまったところに入れたら3位だったという事だ。

気になる点はいくつか。一つは内野で1番肝心なショートを絶賛劣化中のエスコバーに守らせようという意図が理解出来ない。今年の優勝を狙っているのならともかくね。。

エスコバーは指標的にも打てるとは思いにくいしうーん・・・駄目だった時の代償は大きいと思う。

もう一つは坂口の復活だ。好きな選手なので復活したら泣きます。

村上は興味ないです、はい。バレンティンは抜けたのは大きいが、まあ、、前向きにとらえましょうとしか。。

オフの山田の動向が20年ヤクルトの1番の見所になるのではないだろうか。

 

4位 広島東洋カープ

f:id:Gfan:20200119002624j:plain

まさかの4位で終わった昨年だが、今年は妥当の4位で終わると予想。

理由としては佐々岡の能力を疑問視しているからというのが最大の理由だが、もう一点ある。

この球団が3連覇出来た要因として打線の役割分担がきっちりと出来ていたという事。リードオフマンの田中が不調に陥り打線の中核だった丸がいなくなったら流石に厳しいよねという話。その田中が仮に復活しても丸の代わりは残念だがいない。西川はいい選手だが迫力はまだ少し物足りないし、長野は夏男のゲッツーマシン。補強したピレラはいかにも広島が好きそうなタイプの助っ人で迫力にはやや欠ける。

注目は田中の復調と野間。特に野間がしっかり自分の役割をこなせれば打線に繋がりが出る。後は知らん。

森下が頑張るかも知れないが他にも出てこないと大変だ。中崎今村等3連覇時の投手に期待してはいけない。期待しすぎると若手が出てこない由伸巨人みたいになりかねない。

ここまでネガティブな事ばかり書いたのでポジティブな事を書く。魔境ズムサタは今年も健在。そこを活かしたい。後はバティ・・・

 

5位 中日ドラゴンズ

f:id:Gfan:20200119002633j:plain

昭和の古き良き(?)時代を引きずりすぎている老舗球団。

この球団はとにかくフロントのやる気がない。毎年一定投げている祖父江に減額したかと思えばたまにしか投げない松坂にポンと1億を払ってしまうのも本当にアレだと思う。

フロントのやる気のなさは当然選手には伝わっているだろう。こんなフロントだと選手がやる気を失くすのは想像に難くない。

それでも個の力はそれなりにあるので最下位は回避と予想。まあ大島は隔年、平田モンテはスぺ。と不確定要素も多いが・・・

しかし改めて考えたが、助っ人補強もほとんど無く、トレードもまったくない。あの巨人や阪神ですら多少は変わってきているというのにこの球団は何かを変える素振りさえ見せない。

というか監督がよっぽど強くないとこの球団は駄目だと思う。星野や落合みたいな個性が強い人じゃないとね。

こんな球団が優勝しちゃったらそれこそプロ野球の終わりだ。ただジョイナスの分まで今年は頑張れとは思う。

 

6位 横浜DeNAベイスターズ

f:id:Gfan:20200119002628j:plain

近年神奈川で宗教紛いの布教を行っている球団。

ラミレス采配の限界はとっくに見えていると個人的には思うが続投が決定。という理由だけで6位にしました。

まあ正直この球団はよくわからないので特には書きません。投手酷使は大丈夫かなという事位。

 

以上。パ・リーグは多分やらない。