パワプロ村

提供国際大学は俺が守る

原辰徳(巨人)【パワナンバー・パワプロ2018】

原 辰徳(はら たつのり、1958年7月22日- )

東海大相模東海大学‐巨人(81~95)

1989年成績 .261 25本塁打 74打点

勝負強かった、レフト原

80年代の巨人の4番を常に叩かれながらも守ってきた原。その80年代最後の年である89年はドラマチックな1年だった。

ルーキー時に原を2塁にコンバートした藤田監督が復帰。近年怪我がちという理由で慣れ親しんだサードからレフトにコンバート。

しかし不貞腐れずに4番を担い、開幕戦で平成最初の本塁打を放った。それからも7月までに20本と例年以上に本塁打を記録したが肉離れで負傷離脱。

8月になんとかスタメン復帰を果たすと復帰戦で因縁の津田から同点打、サヨナラ打を放ち涙のお立ち台。だが今度は背中の痛みに悩まされ打率はキャリアワースト、本塁打も25本に留まり後年原は「苦しい思い出しかないシーズン」と振り返っている。

それでも10月6日の大洋戦での優勝を決定付ける本塁打や、日本シリーズで18打席無安打と不調を極める中で満塁本塁打を放つなどここ1番での勝負強さが光った年であった。

f:id:Gfan:20200121212848j:plain

f:id:Gfan:20200121212856j:plain

[査定について]

1 チャンスB 

得点圏打率.333

 

2 サヨナラ男 

サヨナラ打3回

 

3 満塁男

前述のホームランや通算要素込々

 

4 ダメ押し無し

パワプロで原を再現するのには必要不可欠な能力ですがこの年に限れば無し

 

5 調子極端 

一応怪我が後半のスランプ最大の要因なのでちょっと付けるのはアレな気もするけどね・・・やっぱり日シリのイメージも強い 


6 選球眼 慎重打法 

津田との勝負での骨折以降パワーが落ち、好球必打タイプになったように思える。ポップフライも同時期から増えたしらしい(ポップフライとホームランは紙一重っていうし)

 

今まで世に出回っていたのは81年や83年の原でしたが、非常に勝負強かったこの年の原に面白さを感じてもらえると嬉しいですね(カメハ師匠風)

 

他の選手などはこちらから↓

www.gfan-pawapuro.com

リクエストなどはこちらから↓

odaibako.net