パワプロ村

やっぱり廣岡たまらん

2020年読売巨人軍プロテクト予想

梶谷が巨人入り。巷(主にヤフコメTwitter)では批判の嵐ですが、現状巨人の両翼は明らかにマイナス。日本人に限れば来季2桁打てそうな外野手が丸しかいないという現状を考えればなんら不思議ではないでしょう。

スペというイメージがある梶谷に4年契約という点でも批判されてますが、巨人首脳も恐らく4年間梶谷にレギュラーを張ってもらう考えは現時点で無いでしょう(もし張ってたら困るわ)そもそも陽岱鋼の前例があるので4年8億はかなり安く感じる

っちゅー訳で一応プロテクトリストを自分なりに作成しました。やり手である、あの横浜がキンセン選手なんて事は絶対無いでしょうから・・・

f:id:Gfan:20201208065510j:plain

使用させて頂いたサイト  プロテクトリストジェネレーター

 

投手

f:id:Gfan:20201208060807j:plain

・恐らく1番難しいのが投手。沼田堀岡という育成昇格組をどうするかが焦点か

・菅野が抜けるのなら古川か今村をプロテクトか

・大竹は悩んだがプロテクト。ベテランで怪我がちとはいえ、離脱前まで優秀な成績を残していた事を考慮したらプロテクトすると予想したが・・・

・ドラ2の太田は外した。終盤ですら1軍にまったく呼ばれず、成長も素人目にはそこまで感じなかった。減俸されたという点もあり優先度は低いとみた。ただドラ2を1年で外す勇気があるか否かは解らない

・桜井・・・去年の活躍もあり期待されてるけど今年が酷すぎた。優先度が低めになるのもしょうがないだろう

・井上も当落選上だが多分大丈夫だと思う

 

捕手

f:id:Gfan:20201208061554j:plain

・全員プロテクト予想

・しばらくは大城メインの起用が続く

・小林は原との相性は良くないだろうが(巷で言われてる程ではないと思うが)、なんだかんだでプロテクトされるのではないか。人的で出すならまだトレード

・炭谷は微妙。今年は良いとこ無しだったが、将来の幹部候補

・次世代正捕手候補である岸田と山瀬を外す決断はまだ早すぎて出来ないだろう

しかし

・今年は何故か干されたが横浜には伊藤を筆頭に戸柱高城嶺井。若手には山本益子東妻と有望な選手も多く捕手の優先度は低めか

・小林の年俸は1億。正捕手として起用しないなら横浜からすればかなりリスキー

・そこを考慮すれば誰かしら外される可能性はある。確実にプロテクトされるのは大城と山瀬だろうか

 

内野手

f:id:Gfan:20201208062730j:plain

・まぁ誰が予想しても似たようになるのが内野手

・増田陸はプロテクト。ただしドラフトで中京の中山を獲得したのでもしかしたら当落選上かも・・・?

・湯浅はイースタン盗塁王。原のコメント見る限りかなり期待されているのでプロテクト

・香月は来たばかりだが・・・打撃特化の内野手を横浜は取らないだろうと判断するのが妥当か

・菊田は有望な大砲候補であるが本職の3塁には周知の通り岡本がいる。他のポジジョンも助っ人で穴埋めできる(なお大体外れる模様)事を想定すれば、外れる可能性はある。まぁここは難しい

 

外野手

f:id:Gfan:20201208063544j:plain

・まぁこんな感じではないか

・難しいのは伊藤。先程の菊田と比べ今年1年の成長具合と右左の違いから伊藤をプロテクトした(好みの差もある)が、横浜の外野の層を考えれば優先度は低めかも。その場合は菊田をプロテクトするかもしれない

陽岱鋼・・・取らないっしょ(適当)。まぁそう思ってたら長野取られたけど、流石に梶谷と陽の現時点での年俸考えればないんじゃない

・重ちゃんは当落選上。絶対必要という選手ではないが手放すのは惜しい

 

まとめ

直江堀田山下らの"プロスペクト育成式プロテクト"は魂胆が見え見えだがルール上問題ではないのでセーフ()

まぁ結局古川か堀岡辺りの投手で落ち着くんじゃないでしょうかね。菊田が取られると痛い