パワプロ村

やっぱり日本シリーズって最高だよな

A.J.コール(ヤクルト)【パワナンバー・パワプロ2020】

アンドリュー・ジョーダン・コール(Andrew Jordan Cole, 1992年1月5日 - )

f:id:Gfan:20211208030712j:plain

ナショナルズブルージェイズ他ーヤクルト(22~)

2021年MLB成績1S1H 防御率1.08

元トッププロスペクト

かつてはナショナルズのプロスペクトだった右腕。先発として期待されるも結果は残せず近年はリリーフを主戦場とし、MLBでは通算109試合に登板している。

今季は怪我で8試合の登板に留まるが、前年から投げ始めたカットボールや4シームの向上もあってここ2年の内容は非常に良い。年俸1億以下で獲得出来たのはヤクルトにとって非常に大きいだろう。

f:id:Gfan:20211208032056j:plain

f:id:Gfan:20211208032058j:plain

[簡単な寸評]

4シーム

→今季最速は96マイルで平均球速93.8マイル。自己最速は97.8マイルなので普通に155km以上出そうですが取り敢えず154kmに設定

→4シームの空振り率はMLB通算で7.7%と普通で痛打を浴びるケースも多かった。しかしここ2年は質が大幅に向上。去年が11.9%、今年は14.6%と急上昇した

→球筋はかなり素直なので捉えられると危険そうではある

スライダー

→キャリアを通じて1番の武器。毎年高水準を保っており通算被打率は.211

カットボール

→2020年から投げ始めた。サンプル数が少ないものの被打率.150(20-3)は優秀

→キャリアを通じて左に弱いが、カットのお陰で多少はマシになりつつある。三振を取れないのは相変わらずだが

カーブ

→近年は見せ球程度の割合だが先発時代はそこそこ投じていた。先発で起用されれば割合が増える可能性は高い

キレ○

→変化量というよりかはキレで勝負するタイプだと思うので、奪三振ではなくこちらを

総評

安定した制球面や決め球を2つ以上持っているのは魅力的。先発はブランクがあるので未知数だが、リリーフとして今野の代わりは充分務められる実力はあるだろう。しかしここ2年のヤクルトの補強は凄いね。2年前にイノーアエスコバークックで遊んでたチームとは思えない

今季は怪我の影響で5月でシーズンを終えており、つまり粘着物質取り締まり以降はプレーしていないという事。ここは考慮する必要はありそうですね。

 

2022年度新外国人選手一覧↓

www.gfan-pawapuro.com

 Twitter

twitter.com

他の選手などはこちらから↓

www.gfan-pawapuro.com

リクエストなどはこちらから↓ 

odaibako.net

ようつべ↓

youtube.com