パワプロ村

廣岡たまらん

高橋里志(広島)【パワナンバー・パワプロ2020】

高橋 里志(たかはし さとし、1948年5月17日 - 2021年1月31日)

敦賀工業-電電北陸-南海(68〜72)-広島(74〜80)-日ハム(81〜84)-近鉄(85〜86)

1977年成績 20勝14敗 防御率3.73

気の強い遅咲き右腕

赤ヘル黄金時代の直前、広島は4年連続最多勝投手を輩出。その4人目が高橋である。

南海時代は速球派投手として期待されたが、高橋の気の強さもあって兼任監督の野村とはそりが合わず自由契約に。

1年の空白期間を経て広島で打撃投手になるがシーズン中に投手に復帰すると、76年後半に頭角を現し、77年は開幕からフル回転で20勝。最多勝に輝いた。

77年以降は好成績を残せなかったが日ハムで最優秀防御率を獲得するなど復活。3度の規定投球回で2つのタイトル獲得は実力の証明か。ちなみに短気なエピソードが多く、特に江夏と犬猿の仲だったのは有名。

2021年1月31日、死去。

f:id:Gfan:20210203191355j:plain

f:id:Gfan:20210203191358j:plain

[査定について]

f:id:Gfan:20210203192402j:plain

・高橋の武器はシュートとフォークだが77年はチェンジアップのマスターが大きかったとも。当時のインタビューで巨人ナインが高橋のチェンジアップについて触れている

・登板試合のスコアを見たが大量失点が多い気が。やはりプッツンしていた?

・調子の波も激しい。9月18日ヤクルト戦で1回6失点でKOされたかと思えば5日後には同じヤクルト戦で同年唯一の完封。おいおい園川一美かよ

・援護にも恵まれた。9月以降の防御率は5点台にも関わらず7勝を挙げている。逆に2点台だった5月と7月は4勝に留まっているのが面白い

・かけぬけやりたいので今日の投稿終わり。また明日ね

 

他の選手などはこちらから↓

odaibako.net

リクエストなどはこちらから↓

odaibako.net